肌トラブルの改善

女性

人間の皮膚は紫外線の蓄積、潰してしまったニキビや吹き出物が原因となり、シミが出来てしまいます。適切にシミ取りをしたい場合には、美容性外科での治療がおすすめです。メラニン色素をレーザーで焼くといった方法で、シミを消すことが可能になります。

リンク

  • 皮膚のトラブルサイト

    トラブルを改善することができるのでシミ取りを希望したいと思っているならここで案内されている内容を確かめておくようにしましょう。
  • 皮膚のトラブル.com

    トラブルを解消することができるので、シミ取りの申し込みを行ないたいと思っているならこちらがオススメになりますよ。

レーザー照射で若返り

女性

紫外線や老化によりシミが出来てしまった場合、クリニックでのシミ取りが効果的です。レーザー照射など行い治療をしていきますが、シミ取りをすることで見た目の印象を若返らせることが出来るので、是非通いやすいクリニックを見つけて施術を受けてみましょう。

最新の治療がある

鏡を見る人

レーザーが有効的です

シミは年齢を重ねると発生しやすく、徐々に増えていきます。そのため、美容外科では外用薬や内用薬の他に、レーザーを使ってシミ取りをするという方法があります。治療にあたっては、シミの種類によって治療法が変わるため、カウンセリングを受けて自分に合った方法で進めることになります。まずは、シミの種類で多いのが老人性色素斑で、年齢が高くなるにつれて発生しやすくなります。しかも、徐々に広がっていくため、早く治療をすることが必要です。そして、有効なレーザーがスイッチヤグレーザーというものがあります。費用は、1ミリ当たり3000円から10000円ほどとなっていて、部分的に行われます。そのため、複数個所ある場合にはその分の費用と時間が必要となります。次に多いのが肝斑といわれるシミで、若い人にも発生しやすく目立つため悩んでいる人が結構います。これに有効的なのがレーザートーニングというもので、痛みが少ないのが特徴です。そして、顔全体に行うことができるため、目立ちやすい頬を広範囲で治療をすることができます。価格的には、一回当たり5000円から60000円ほどとなっています。シミの中で治りにくいとされているのが、花弁状色素斑です。これは、強い光や紫外線を長時間浴びることによって発生して、真皮部分までダメージがあるため治りにくいです。特に、肩や背中に発生することが多く広い範囲に散らばっていることが多いです。花弁状色素斑に効果があるのがスイッチルビーレーザーです。シミのサイズによって異なりますが、2ミリ以下なら2500円ほどで、5ミリ以下ならば5000円ほどになります。そして、痛みがあまりなく幅広いシミ取りに使われるのがフォトシルクプラスというもので、光線治療といわれる治療法です。肝斑や老人性色素斑などに効果があります。費用としては、9万円から25万円ほどになります。レーザー治療などは基本的には自己負担になりますが、炎症後色素沈着によるシミ取りでは保険負担を利用できます。レーザーの種類としては、スイッチルビーレーザーとスイッチアレキサンドライトレーザーなどに限られています。どのレーザー治療も、徐々にシミ取りを進めていくことになり、一ヶ所につき5回ほど行うことで目立たなくなります。ちなみに、レーザーのため痛みも若干あり、輪ゴムで弾かれたような痛みを感じる人が多いです。そして、レーザー治療と並行して、外用薬も併用して治療が進められることもあります。外用薬としてはハイドロキノンやトレチノインなどがあり、比較的即効性があります。その中で、ハイドロキノンは効果があるのですが、取り扱いが難しいため一ヶ月分ほど処方されるようになっています。費用としては3000円ほどになっていて、状況を見て処方されます。ちなみに、外用薬は3ヶ月ほど使っても効果が無い場合には治療が中止されます。なので、医師と相談をして適切な治療を進めていきましょう。また、口コミを確認して、評判の高い優良なクリニックに通院しましょう。良い口コミが多いクリニックは、美容外科初心者でも安心して通えるのでおすすめです。

確実に治すこと

カウンセリング

美容外科でシミ取りを受けるときには事前のカウンセリングで治療の方法や必要な費用について医師に確認することが大事です。また、治療を受けてからも医師から指示されたセルフケアを適切に行うことがポイントです。